二度目の焼き直しは?

e0046128_15542876.jpg前回、サヤ鉢の中から無惨な姿で出て来た大皿。黒いしみ模様が一面に広がった悲しい大皿。

リベンジの焼き直しがきょうの午後に窯から出ました。一度目より二度目の焼き直しは、だいたいよく焼き上がることを経験的には知っているものの、やはりドキドキです。

さあ、「どうなっている」とサヤの上の棚板を開く。おそるおそる取り出してみる、やはり前回よりかは良くなっている。黒い部分も一部銀化して良い感じだし、赤い部分の表情もまあまあかな。

この窯頼みの焼成がけっこう楽しいのです。
でも、今回もなんですが裏の方が全然いい表情を出しているのです。え〜っ、お皿もバックシャン?よくあることですね。
e0046128_16295973.jpg

[PR]
by tougei-musashino | 2006-02-26 16:33 | 窯出し情報 | Comments(3)
Commented by Potter-Y at 2006-02-26 21:36
なぜか裏側の方がいい、確かに良くありますね~。
いっそ裏返して入れようかといつも思ってるんですが。
↓のと比べると格段に表情が豊かになりましたね。
Commented by tougei-musashino at 2006-02-28 15:51
potter-Yさんありがとうございます。
だいぶ良く焼き上がったようです。
本当に裏返しで焼いたみたいですけど
変形したりの失敗が怖いですよね。
Commented by U子 at 2006-03-02 02:24 x
ワ~ッ!欲しい!!
女将の‘干支雛‘素敵ですね。月末多忙で教室へ行けなかった私ですが、4日には行きますので校長、それまで教室に飾って置いてくださいね。
写真のバックの緋色がなんともとっても素敵です。では、では・・・


<< ひなちゃんのママから届いたお雛様。 ドキドキの窯出し。 >>