カテゴリ:傑作?珍作?残念作?( 2 )

みなさん会場でお待ちしてます。

e0046128_17301529.jpg
心配された雨も降らずに、無事に搬入をすませることが出来ました。(よかったで〜す)さ〜あ【秋の陶友展】がスタートです。陶友達の日頃の力作が会場に並びました。どのコーナーも個性あふれる作品が並んでいます。

その中のひとつを紹介。Uさんの焼酎サーバーです。赤土からスタートし白土との配合を変えて、最後は白土になるグラデーションの作品です。蓋には埴輪のような馬のつまみが可愛く乗っています。焼酎を美味しく育てるには焼き締め、ということで釉薬は無し。

ご自宅用で作られたのですが、家族から大きすぎるのではと。そこで吉祥寺の居酒屋の店長さんに買ってもらおうと出品。「吉祥寺以外の店長さんもお願いしま〜す」

楽しさ、お買い得商品満載の会場。全容をご覧になりに、ぜひ会場にお出かけください。
[PR]
by tougei-musashino | 2005-10-19 18:16 | 傑作?珍作?残念作? | Comments(1)

銘はバケップチ?

e0046128_15214091.jpg
今日は最近愛用の湯のみを紹介。長年愛用してた萩の作家、脇本定三氏の湯のみを今年の始めに割ってしまった。金継で修復を試みるも、一部が細かく割れてうまくつながらず断念。萩の七化けの六化けぐらい、いい感じに化けていたのに残念。
その後は自前の湯のみを色々と愛用。上の写真は最近窯から出て愛用している湯のみ。
水飲み、お茶のみ、酒飲みの校長の湯のみは300cc入るビッグサイズ。鉄分の多い赤土で成形、削りのあと白化粧を施し粉引きの湯のみ仕上げようと。
白化粧を掛けてるそのとき、ツルと滑って湯のみは白化粧のバケツの中へ。慌てて取り出す。だめか?いや、落ちるときにバケツの淵にあたった凹みがいい感じ。焼いてみたら,慌ててつかんだ所も良い表情を出してる。崖っぷちからの生還、湯のみの銘はバケップチ。
[PR]
by tougei-musashino | 2005-09-04 16:39 | 傑作?珍作?残念作? | Comments(3)