<   2005年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

1年間いろいろとありがとうございました。

e0046128_17175816.jpg
きょう還元の窯から作品が出ました。思ったより数が多く、積み残しが出てしまいました。焼かれてない方、ごめんなさい。年明け早々には焼くようにしますのでよろしく。

冷却還元も年内には焚けませんでした。申し訳ありませんが、年明け7日の土曜日に焚く予定です。何かと年末はバタバタして予定どおりに行かなくて困ります。教室もあしたからはお休みです。あっとゆう間の1年でしたが、みなさんには何かとお世話になりました。ありがとうございました。

年明けは5日からの営業となります。その間ブログはお休みとさせていただきます。そして来年もよろしくお願い致します。それから噂の美人、日菜子ちゃんが年明け7日の土曜日に教室にチョコッと来るかも?楽しみです。それではみなさんよいお年を。
[PR]
by tougei-musashino | 2005-12-28 18:43 | きょうの教室から | Comments(2)

696プレゼント、結果は大穴。

e0046128_17111880.jpgきょうは25日に締め切った696プレゼントの抽選日です。応募総数5名、うち身内が4名と(寂し〜)だんぜん身内に有利な展開。教室の長老Wさんの立ち会いのもと、厳選なる抽選会の開始です。

抽選の方法は伝統のあみだくじ、まずは枠順を決める予備抽選。抽選箱ならぬ抽選土瓶から名札を引き、引かれた順に1枠から入ります。

e0046128_17244166.jpg結果1枠には最終にエントリーの牝3歳のブリ、2枠には唯一の外部から参戦の牝?歳のukky、3枠と5枠には教室スタッフの彩とふたば、そして4枠には牡7歳の本命nonacafeとゲートイン終了です。

この枠順の抽選が運命の分かれ道。ゲートが開きいっせいにスタートです。ブリは早々と後方に、ukkyも懸命に追うが・・・nonacafe歳には勝てずに少々バテ気味、最後はスタッフ同士、彩とふたばの一騎打ち。まったく遠慮とゆうものを知らないこの二人、懸命に走り最後に逃げ切ったのは彩でした。みなさんどうもすいません。また、なにかいいものが入ったらやりますね。

e0046128_18183068.jpg

[PR]
by tougei-musashino | 2005-12-27 18:52 | きょうの教室から | Comments(5)

モノトーのカレンダー。

e0046128_153382.jpg
年末になり教室にもいくつかのカレンダーが届きました。そんな中、生徒でお茶屋さんの池田園さんから届いたのが写真のカレンダーです。マリリン・モンローとジェームス・ディーン、懐かしく、そしてよき時代のアメリカを思い出す二人のカレンダーです。

ハスキーな歌声が印象に残るマリリン、1926年に誕生し36歳の若さで生涯を閉じています。ちなみに現在も生きていると79歳、どんなにカワイいお婆ちゃんになってたのかな?寂しげな表情でくわえ煙草。とにかくカッコのよかったジェームス・ディーン、1931年に生まれ、やはりの24歳の若さで自動車事故で死亡。生きていれば74歳、ジーンズの似合うお爺ちゃんだろうな。

ところで「おかげさまで57周年」の池田園さん、校長と同い年か1歳年下の弟になりますね。そして半世紀以上続けられたご商売、ほんとうに感服いたします。それから素敵なカレンダーもありがとうございます。
[PR]
by tougei-musashino | 2005-12-25 16:52 | きょうの教室から | Comments(0)

水曜はお菓子の日。

e0046128_16473988.jpg
先週もTさんが西荻の美味しい「豆大福」と「おはぎ」を持って来てくれました。そしてきょうもいろいろなお菓子が届きました。まずはUさんの「甲州名産あんぽ柿」美味しそうな干し柿です。山梨県の南アルプス市で作られているそうです。

Wさんは高野の「アップルパイ」リンゴがタップリとはいり大変に美味しかったです。さっそくみんなでいただきました。Hさんからは吉祥寺あまのの「揚萬念」みんな初めての食感でした。揚げたてだったようでパリとした皮と、シットリとした中の饅頭の美味しさがたまりませんでした。食べながら美味しい、美味しいの連発でした。

その後もホノルルマラソンに行かれていたMさんから「マカデミアナッツ」とありがたいことです。それから教室からの連絡を、Nさん「ワダエミの衣装世界」の図録がアップルパイのWさんから届いてますよ。素焼きがあした窯から出ます。年内、還元、冷却還元の窯を予定しています。心当たりの方は釉掛けに来てくださいね。
[PR]
by tougei-musashino | 2005-12-21 17:43 | きょうの教室から | Comments(2)

ついに30cmの壁を越える。

e0046128_15501971.jpg
ここのところ轆轤で3kgの土で高さ30cmの筒上げに挑戦していたOさん。あと5〜1cmの壁が超えられずにそろそろ二ヶ月がたとうとしています。毎週、毎週、ひたすら土との葛藤の日々が続きました。

ひたすら練習の成果か、昨日ついにその壁を乗り越えられたのです。この作業のために作った長さ40cmの特製のコテ。Oさんの持つ手の小指の辺りの線が高さ30cm、そしてその下の線が25cm高さ。この5cmの間で二ヶ月よく頑張りました。一度出来たらなんと立て続けに3回も成功です。

エプロンのドベの汚れが葛藤の凄まじさを物語っています。そして2つはなかなか美しい壷となりました。じつはこれで校長もやっと安心なんです。Oさん二ヶ月のあいだ焼成費が0円だったのです。これからは大きな壷がドンドン焼かれることを期待しています。
[PR]
by tougei-musashino | 2005-12-18 17:03 | きょうの教室から | Comments(2)

クリスマスプレゼントは696。

e0046128_16251371.jpg
きのう教室に轆轤が一台持ち込まれました。なんでも生徒のKさんやる気満々で、数年前に自宅に轆轤を購入されたそうです。しかしその後の出産などもあり、部屋の片隅ですっかり粗大ゴミとなってしまったそうです。そんなわけで教室で引き取ることに。

そこで日頃の「むさしのブログ」愛読者にクリスマスプレゼントです。グット電気株式会社製の卓上電動轆轤らくらく2型(1台)。なんでも使用したのは3〜4回と新品同様です。ただし応募の条件として、轆轤を教室まで取りにこられる方に限らせていただきます。

応募は12月25日(日)までにお名前、連絡先を明記の上、このブログのコメント欄にお申し込みください。コメントに鍵を掛けて送られると非公開となりプライバシーが守られます。応募多数の場合は抽選とさせていただきます。応募をお待ちしてます。
[PR]
by tougei-musashino | 2005-12-17 17:14 | 耳寄り情報 | Comments(9)

窯からのたより。

e0046128_16274362.jpg
きょうは午前中に酸化、午後には還元の窯からたくさんの作品が出ました。一日体験の方、4回完結コースの方でき上がりましたよ。Gさんの火鉢もお正月に間に合いましたです。Nさん快気祝いのお礼の箸置き、酸化も還元も出来てますよ。

R ちゃん六角小鉢、呉須の模様がきれいですよ。中の水玉はチョッとくどいかな・・・?Oくん愛犬用のうつわ可愛くあがってます。Hさんのお友達に頼まれたワインカップいい感じです。WさんBOOKそらないで焼き上がりました。

OさんUさんテストピース焼き上がってますよ。Mちゃん黄御影の洋梨型うつわ酸化が出来てます。Iさんの土瓶、鈴木五郎も真っ青のできです。お待たせ八角様。きょう出ましたよOOOoOの八角鉢とお茶碗2点が。いつもどおりの素晴らしいできです。みなさん楽しみに来てくださいね。
[PR]
by tougei-musashino | 2005-12-16 17:20 | 窯出し情報 | Comments(2)

傘寿記念のビアジョッキ。

e0046128_1342083.jpg
きのうの夕方、冷蔵庫を覗くとピザが2枚残っている。先日のパーテーィで残ったやつだ。賞味期限は少々すぎているけど大丈夫そうと電気窯で焼くことに。

試験用の小さな電気窯の棚板にアルミホイルを敷きピザを乗せる。スイッチはいきなり強で温度を上げる。20分ほどで200度に上がるといい香りが教室中に。220度ほどでこんがりと食べごろに。ビールを片手にホッカホッカのパリパリをみんなでいただく。

ところで、最近愛用のビアジョッキは生徒のNさんから最近いただいたものです。Nさん80歳のお祝いにお友達とビールで乾杯をするため、ビアジョッキをいくつか作られました。呉須で豪快に八十寿記念とお名前を書かれたなかなかの作品。ありがとうございます。大切に使わしていただきます。
[PR]
by tougei-musashino | 2005-12-11 15:52 | 美味しい生活 | Comments(2)

いつもどおりがいいですね陶芸は。

e0046128_1553479.jpgいつもは水曜に教室にみえるHさん、最近はもっぱら土曜か日曜に来られます。
なんでもBSでやってる南米のドラマにはまっていて、月〜金曜が来れないそうです。BSが見れるのにビデオがない???。

先週はお友達に頼まれたお茶碗を手び練りで作られました。なんでも直径が10cm以下のダイエット茶碗の注文だそうです。

頼まれたせいか最初はコテなどを使って端正な作りを。ふちがきれいに切れないとか悩んだり。そして出来たのが写真の左のお茶碗。そんなHさんを見てた校長から一言「いつもどおりがいいんじゃないですか」と。

「そうですね」と言って完成したのが右のお茶碗。のびのびと自由なカタチがHさんらしいです。当然、きょう削りだした高台も右の方が好きですね〜校長は。突然気取ったりしてもダメですね、自分らしさがいちばんですね陶芸は。

e0046128_1745464.jpg

[PR]
by tougei-musashino | 2005-12-10 17:23 | きょうの教室から | Comments(0)

卵星人の誕生です。

e0046128_1691925.jpg
きょうの教室にはデイセンター山びこのお友達がやってきました。とっても人なつっこいS君とIさん、そして少し遅れて几帳面なKくんが。12月のテーマは卵です。卵の石膏型を使って卵星人の大量生産だ。これが展示会などでけっこう売れるんです。

まずは白土で紐をたくさん作ります。それから赤土でやはり紐をたくさん作ります。それを二つに割れた卵の石膏型に詰めて行きます。少々はみ出してもかまいません。赤白粘土が詰まった石膏型を合わせて、ドンドンと叩いてくっつけます。

石膏型をカパと外すと卵星人のボディが現れます。大小のポンスで目と口を開ける。作る人のセンスで、より目やはなれ目、鼻の下が長かったりと 個性を注入。いろいろな表情の卵星人が誕生しました。はみ出していた土は立派な鶏冠に。卵に鶏冠ははやすぎたかな?
[PR]
by tougei-musashino | 2005-12-08 17:12 | きょうの教室から | Comments(6)