<   2006年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

窯焚きラッシュも最終コーナー。

e0046128_18125784.jpg
きょうは楽焼きの日です。楽の醍醐味は炎と焼き上がりがその場で見れることでしょう。スカット窯で500度ほどに温めた茶碗を楽の窯へと入れる。ドライヤーで風を送り温度を上げると、あっとゆう間に1000度を超える。引き出しておがくずの入ったサヤ鉢に入れすぐに棚板で蓋をする。
e0046128_182979.jpg
しっかりと燻してから取り出しバケツの水の中に。さっきまでオレンジ色に燃えていた茶碗がその姿を現す。ウォ!これって樂吉左衛門?
e0046128_18371199.jpg
あした焚く最終の還元の窯詰めをするスタッフのあやちゃん。おちびさんで椅子に乗っての窯詰めです。そして、みなさん安心してください全部入りましたよ。積み残しなし、窯の中はラッシュアワー、土曜の午後に窯出しの予定です。
[PR]
by tougei-musashino | 2006-03-29 18:56 | きょうの教室から | Comments(4)

今朝の井の頭公園。

e0046128_16124248.jpg
きょうはチョッと早めに家を出て井の頭公園の桜をチェックに向かう。上の写真は公園の池から神田川へと流れて行く側からの桜です。あいにくの曇り空だが、昨日のポカポカ陽気でかなり咲いてしまってる。五部咲きぐらいかな?

e0046128_1621397.jpgいつもは場所取りのブルーシートが並ぶ場所にはなぜか一枚も無し。e0046128_1629245.jpg


そして懐かしのアトリエ飛行船はすっかりなくなっていた。
e0046128_16341469.jpg

染井吉野が江戸彼岸と大島桜の雑種だとは知らなかったです。
e0046128_1639666.jpg




こんな時間から売店が開いている。さっそくビールを買って朝のお花見をと。朝のビールはたまらんです。


最後は定番の橋の上からの池と桜です。こちらから見るとまだ三部咲きかな?どちらにしても「春の陶友展」の頃は満開は確実にすぎて葉桜かな。(悲)
e0046128_16531154.jpg

[PR]
by tougei-musashino | 2006-03-28 17:02 | 町で拾ったムダ話 | Comments(0)

窯焚きラッシュもピークに。

e0046128_1494497.jpg
昨日は今週2回目の冷却還元を焚きながら、電気の試験窯で「春の陶友展」参加者の最後の素焼きを同時進行。写真、手前は窯詰めの終わった酸化焼成の電気窯。そして後ろではガス窯に還元焼成の作品の窯詰めも始まりました。

きょうの教室は午前中から釉薬室が生徒さんでいっぱいです。みなさん最後が肝心、丁寧な釉掛けをしてくださいね。でも、まだ来週の火・水曜での釉掛け駆け込み組も。30日の一窯で入りきらなかったらどうしよう〜なんて心配になってきました。

でも安心してください陶友展の作品はかならず間に合わせますからね。来週の水・土曜の楽焼きの窯で陶友展に向けての窯焚きはすべて終了。4月5日(水)には吉祥寺・monoギャラリーにみなさんの力作達が展示されます。楽しみですね。そして多くの方が来られるといいですね。
[PR]
by tougei-musashino | 2006-03-26 15:19 | きょうの教室から | Comments(1)

渋めの作品がゾクゾクと。

e0046128_16562881.jpg
きょうは冷却還元の窯から作品が出てきました。全体にみなさんメッチャ渋めの上がりでなかなかの出来です。まずはUさんのどんぶりです。白土で成形し高台際に弁柄を施し天目釉を掛けて焼成。高台際には金化した部分も出ましたよ。
e0046128_1710854.jpg
つぎはTさんの湯飲みです。左の湯飲みは荒めの赤土に、濃いめの白化粧を刷毛で塗り黄瀬戸を掛けて焼いたもの。そして右は荒めの白土で成形、伊賀灰を吹きかけて濃淡を出して焼成したものです。
e0046128_17241016.jpg
最後はSさんの中鉢です。多分、唐津の土に白化粧を施し伊賀灰を斑に掛けたのではと思うのですが?ちょっと違うようなので、ご本人への確認が必要です。
[PR]
by tougei-musashino | 2006-03-23 17:37 | 窯出し情報 | Comments(7)

開く時はいつもドキ・ドキです。

e0046128_16521323.jpg
3月のむさしのは窯焚きラッシュがつづきます。きょうはOGWさんの還元の窯出し。ワールド・ベースボール・クラッシク見終えて教室に来たOGW「WBC決勝進出記念窯出しだ」と期待と不安の中ドキ・ドキで扉を開く。
e0046128_1734184.jpg
以前に紹介した灯台達も無事焼き上がり渋めの出来に大変満足かな?上半分がリンゴで下半分がパプリカの一輪挿し?も予想以上の上がりだったようです。来週も2回の窯焚きを予定してます。そして、みなさん「陶友展」に向けての最後の窯は30日ですよ。
[PR]
by tougei-musashino | 2006-03-19 17:38 | 窯出し情報 | Comments(1)

もうすぐ春ですね。

e0046128_1638455.jpg
まだまだ寒い日が続きますが、春はもうそこまでやって来てます。教室の入り口のブルーベリーも新しい葉が芽吹き、つぼみもきょうみたいな日が続けば開きますよって感じです。
e0046128_16424675.jpg
梅の花は枯れて、その花を押しのけるように緑の小さい梅の実が。ニュースでは東京の桜の開花予想も早まり22日だとか。もう寒いのはいやです。
[PR]
by tougei-musashino | 2006-03-15 17:12 | きょうの教室から | Comments(1)

美濃の薪窯で志野を焼く。

e0046128_1895519.jpg
昨年の秋には穴窯で薪ならでの自然釉を楽しんだ窯焚きのイベント。土岐の女将さんとその旦那さんのご好意でやらしていただきました。秋の陶友展では多くの生徒のみなさんの力作が会場を飾りました。

今回、またまた嬉しい窯焚きイベントのお誘いが土岐のご夫婦からありました。志野の発祥の地「美濃の薪窯で志野を焼く」と夢のようなイベントです。参加についての詳細は教室に掲示してあります。

写真は昨年の暮れにテストで送った校長のお茶碗です。高台の部分には薪窯ならではの緋色なども出てなかなかの出来です。本来は土岐まで出向き釉掛け、焼成にも立ち会いたいところですが・・・。多くの参加お待ちしています。
[PR]
by tougei-musashino | 2006-03-14 18:44 | 耳寄り情報 | Comments(4)

窯焚きラッシュです。

e0046128_15593547.jpg
むさしの恒例の『春の陶友展』も近づき(4月5日から)窯焚きラッシュに入ります。あしたは陶友展に向けてのOKBさんの一窯焚きです。サヤ鉢の上に大皿が2段、そしていちばん上には粘土3kgで高さ30cmに挑戦した壷たちが並びます。

サヤ鉢の中の作品もよく焼き上がるように頑張ります。そして15日の水曜は冷却還元、18日の土曜はOGWさんの一窯焚きの予定です。その後も酸化、冷却還元など焚きますが、30日の木曜にガスの大窯で還元の最終窯を予定しています。

29日の水曜と1日の土曜は楽焼きを行います。『春の陶友展』に参加のみなさん、早めに釉薬を掛けてくださいね。そして30日の窯に入り損ねたら1日の土曜日にガスの小窯の焼成も考えております。
[PR]
by tougei-musashino | 2006-03-10 16:30 | きょうの教室から | Comments(0)

いつものことなんですけど・・・。

e0046128_14442230.jpg
先日、池袋のショップにディスプレーされていたLevi'sのジーンズに一目惚れ。ブルーの色合い、ダメージの入り具合など一目で気に入って、ちょっと高価だけど買っちゃえと。

しかし、そのジーンズはひとつだけしかなくサイズが合いませんでした。あきらめきれずに新宿のLevi'sのショップへと向かう。そこではサイズも揃っていて無事に購入することができたのでした。

問題はそれからです。何せ短足の校長、かなりの裾がカットされ、いい感じにダメージの入った裾がそこだけ新品同様に変身。そこで登場するのが電動ヤスリのサンダです。そして教室で裾にサンダをかけてダメージ作りに懸命の校長先生なのです(悲)。
[PR]
by tougei-musashino | 2006-03-09 15:49 | 窯元校長の独白 | Comments(3)

いかチョコカレー???

e0046128_1692764.jpg
先日、床に墜落して歪んでしまった土瓶の蓋。径を測った針金を信じて挽きなおした蓋。ピッタリ合って無事土瓶の完成です。土瓶の蔓を通すブリッジの留め金のようなポッチ、面相筆の反対の部分で押したんです。
e0046128_16184921.jpg
生徒のMさんが持ってこられた「業界初、あのさきいかが・・」のキャッチフレーズの不思議なお菓子。いかチョコはさきいかにチョコレートですね。いかチョコカレーは何か不思議な味わい、熱い日のビールのおつまみにいいかもって感じです。
[PR]
by tougei-musashino | 2006-03-05 16:27 | きょうの教室から | Comments(4)